巡回パネル展

「いのちってなに?」展の開催

巡回パネル展「いのちってなに?」展の開催

 

 私たちは母親の胎内で10ケ月過ごします。受精卵の大きさ

は120μmですが、今ここに生きている私たちは信じられない

くらい大きく成長しています。命の不思議をパネルで紹介します。

 

1.期間 11月14日(土)~12月13日(日)まで

  

2.場所 福知山市児童科学館 1階イベント広場広場

  

3.内容 生命のメカニズムを知ることを通して科学に興味・関心

    を持ってもらう。

4.展示内容 パネル11枚(A4サイズ)

       企画・製作:農研機構

       協力:全国科学館連携協議会

  

5.その他 パネル展の観覧には入場券が必要となります。

      (入館料:大人330円、小人160円)

      ※午前9時開館、午後5時閉館(入館は午後4時30分まで)

      ※休館日はマイし(有)水曜日